ソーラー情報館について

HOME > 賃貸不動産オーナーの皆様へ

賃貸不動産オーナーの皆様へ

賃貸アパート・マンションのオーナーの皆様にとっても太陽光発電の導入は様々なメリットがあります。
一般的にアパートやマンションは普通の戸建住宅よりも屋根面積が広いため、発電容量の大きなものを搭載することが可能です。まずは、10k以上乗った場合(全量買取)、次に電力の分配方法などで基本的な3つのパターンの計4パターンを見ていきましょう。

発電した電力をすべて売るオーナー様

発電した電気を共有部で使用する

発電した電気はすべて売電になります。
なので、発電した電気はすべて収入になります。

発電した電気をオーナー宅で使用する

発電した電気をオーナー宅で使用する

発電した電気は全てオーナー宅で使用します。使用せずに余った電力を売電し収入を得られます。
電気代を抑え、収入も得られるのでオーナーの皆様にとっては良いこと尽くめです。
オーナー様が同じ敷地内に済んでいることが条件となりますが、設置地域など場合によっては補助金の対象にもなります。

発電した電気を共有部で使用する

発電した電気を共有部で使用する

1のパターンと似ていますが、発電した電気をご自宅ではなく、お持ちの賃貸物件の共用部で使用し余った分は売電することでオーナー様が収入を得るこでができます。
共用部の使用電力はほとんどの場合、階段室や廊下の照明程度で使用量が極少のため、ほとんどが売電に廻せるのでお得です。物件が自ら共用部で使用する電力を生み出すため、環境に負荷をかけないエコマンションとしてのアピールも期待できます。

発電した電気を各入居者が使用する

発電した電気を入居者各自で使用する

物件の生み出したエネルギーを各入居者に還元する方式です。環境に優しい省エネ型アパート・マンションとして、環境に対して意識の高い人に対してアピールすることができます。
また、入居者自らが光熱費削減に取り組み売電収入を得られるため、高めの家賃設定が可能となり空室率の改善にも役立ちます。

ソーラー情報館
ソーラー情報館説明会のご案内
よくある質問
全国の加盟店一覧
オール電化について
賃貸不動産オーナーの皆様へ